デュアルアタックのカート部門に参戦中やで。

おっす!ドラテクのジョンやで。
今回は2017年から始まったデュアルアタックの記事やで。

 

毎年行われていたレッドブルカートファイトは、スポンサー降板のため2017年から中止になったで。

 

レッドブルカートファイトのスポンサーの降板??どこの企業がスポンサーかと思ったら、名前の通りレッドブルが降板してってこっちゃ・・・。

 

それの代替えレースとして、デュアルアタックが開催されるようになってんで。

 

デュアルアタックとは?

レンタルカーターとシミュレーターの日本一を決めるレースやで。

 

ドラテクのジョンは、この大会の概要が飲み込めんかってん。「レンタルカートとシミュレーターの日本一ってどうやって決めんの??」みたいな。実際エントリーしてみたから紹介するで。

 

第一予選は、カートとシミュレーター得意なほうを選んだらええで。

 

ドラテクのジョンは、レンタルカートの方が得意やから、こっちを選んだで。

 

レンタルカートの部、シミュレーターの部、それぞれのタイムが早い人を選んでいくで。

 

レンタルカートの部は、体重分けされてて、それぞれの体重タイプの上位1位のみ2次予選に進めるで。

 

  • Aの部 体重45-55kg
  • Bの部 体重56-65kg
  • Cの部 体重66-75kg
  • Dの部 体重76-85kg
  • 番外編の部

 

こんな感じやで。ここで注意が必要なことは、各部1位じゃないと地区予選通過できひんと思ったら間違えってことやで。

 

1位の人は、大抵違うサーキットでもデュアルアタックに参加してることが多いねん。どこのサーキットでも大抵1位やねん。

 

各部門1人だけやから、1位の人が放棄したら2位の人に二次予選の権利が回ってくるっていうことやな。

 

他にも二次予選の日が都合悪くて開けられへんっていう理由で2位の人が放棄したら3位の人に二次予選の参加権利が回ってくる。

 

そんなこんなで、5位の人でもチャンスがあるっていうことやな!

 

番外編の部?

サーキットによって基準タイムが違うけど、基準タイムを定めた部門もあるで。

 

例えば、一周40秒かかるサーキットがあるとするやん?そこをあえて60秒の基準タイムを設定して、

 

誰が一番60秒に近づけるかっていうやつやで。面白んかよくわからへんで。

 

 

デュアルアタックの2次予選はどうなってんの?

デュアルアタックの2次予選は、全国のサーキットとシミュレータの上位1位が集結してバトルするで。

 

二次予選
開催場所:神戸スポーツサーキット
開 催 日: 2017年9月16日(土)17日(日)2日間

 

デュアルアタック2次予選の内容は、レンタルカートのレースとシミュレータのタイム計測やで。

 

シミュレータはレースじゃないから要注意やで。

 

レンタルカートの上位数人と、シミュレーターの上位数人が決勝にいけるってことやな。

 

2017年初めて開催されたから、ドラテクのジョンもわからへんことだらけやねん。

 

デュアルアタックの運営側も、まだまだどういった内容になるのか模索中で、ドラテクのジョンのところにも情報が全然回ってこうへんねん。

 

ドラテクのジョンのデュアルアタックの成果は?

ドラテクのジョンも参戦してみたで。レンタルカートは、3台のカートから選べたで。以前、レンタルカートには当たりハズレがあるっていったの覚えてる?

 

スタッフの人が「全部同じ性能」っていったけど、そんなもん無視して3台全部乗ることにしてん。そうすることで見えてきたもんがあってんねんなー。

 

乗り比べで見えたこと。


各カート20周して乗り比べしてみてんけど、一台だけタイムが1秒早いものがあってんな。

 

サーキットスタッフはどれ乗っても同じっていってたけど違ってん。ドラテクのジョンが当たりマシンを引いたのが最後に乗ったやつやってん。

 

最初に乗ったカートは全然タイムが出んかったから悩んでん。けど、最後に乗ったカートは他のカートに比べて1秒近く速かってんで。

 

結局、他のドライバーに0.7秒差つけてランキング1位ゲットしたで。

 

 

追記:


ダントツで1位通過と思った地区予選。久しぶりにサーキットにいったら、なんと2位になってたで。

 

まぁ、1位の人は関西では有名な人やから、その人に勝ってたらめっちゃ自信ついてたけど現実は甘くなかったわ。

 

けど、他のサーキットで二次予選の権利を選んだら、ドラテクのジョンに権利が回ってくるから祈るばかりやで。

関連ページ

ミッションカートYZ125の購入記やで。かかった価格も紹介
ドラテクジョンが教えるタイムを上げるテクニック練習法やで。練習といっても今回は反則技も含まれてるから注意してな。全国のサーキット・ドライバー関係者の皆さん、苦情は受け付けまへんで。