バンコクで大爆走?話題のイージーカートに行ってきたで!

こんちは!ドラテクのジョンやで!

 

タイ出張のついでに、ドラテクのジョンの中で話題のイージーカート(easy kart)に行ってきたで!

 

イージーカートはバンコク市内にある室内カート場やで。

 

室内カート場はあまり好きじゃないけど、今回はカート欲が抑えきれんようになったから発散させるために行ってきたで!

 

一周300mのレイアウト

 

デパートの駐車場をカート場としたことで、結構テクニカルなコースレイアウトやで。

 

路面もグリップ抵抗が高いからグリップしやすくなってるで。

 

カートのシートは結構幅広く、クッションを借りとかんと下手したら肋骨が折れると思ったで。

 

だから、リブプロテクターあったほうがいいかもしれへんで。

 

実際、ドラテクのジョンがいったときも、常連さんのタイ人はみんなリブプロテクターをつけてたで。

 

値段は日本並みの設定

 

バンコク市内の割には、値段はそこまで高くなかったで。

  • 1回8分:650バーツ(2145円)
  •  

  • 2回セット:1300バーツ(4290円/2145円)
  •  

  • 4回セット:1950バーツ(6435円/1608円)⇒Tシャツ1枚ゲット
  •  

  • 10回セット:3900バーツ(12870円/1287円)⇒Tシャツ1枚ゲット
  •  

  • 20回セット:7000バーツ(23100円/1155円)⇒Tシャツ1枚ゲット

 

 

4回以上走れば、イージーカートオリジナルのTシャツももらえるで。

 

たくさん走ればお得感満載やで。

 

サンダルとかクロックスとかやと、靴とか靴下をレンタルする必要があるで。

 

レンタル料50バーツ(180円)かかるから注意やで。

 

ヘルメットは無料でレンタルしてくれるで。

 

実際に走ってみた感想

 

せっかくバンコクのサーキットに来てんから、1セッションの走行やともったいない。

 

だから4回セットのチケットを購入することにしたで。

 

4セッションくらい余裕やと思ったけど、意外と疲れたで。

 

室内でクーラーがかかってないから、クソ蒸し熱いねん。それとテクニカルコースということで、

 

体力が1セッション目から全部奪われた感じがしたで。

 

こういう暑さに慣れてない人はみんな感じると思うで。

 

 

初セッションのラップは29.540。

 

1位の人はタイムは、月間のラップタイム1位の所持者やし、0.5秒落ちは悪くないタイムやったで。

 

 

たった300mのコース。タイムを稼げるところは数回所しかないから、ブレーキングポイントなどを見直してたで。

 

それで4セッション目には、0.3まで縮めることができたで。

 

 

ここおもろい?ジョンの感想

 

室内カートを嫌がってたドラテクのジョンやけど、バンコクのイージーカートはおもろかったで。

 

ちょっとカートを滑らすことでタイムがダイレクトに響いてくるから、女性を丁寧に扱うかと同じように

 

慎重かつ車速を保ったままコーナーを回れるかがカギとなっているで。

 

 

 

面白さ ★★★★☆
嵌り度 ★★★★★
攻略度 ★★★★☆
総合  ★★★★☆

 

 

住所とアクセス方法

店名:イージーカート(easy kart)
RCA プラザ2階

 

MRT:ペップリー駅もしくは、マッカサン駅からバイクタクシー(60バーツ)でRCAプラザまで10分。